つっちーのフライフィッシング釣行記

八千穂レイク秋釣行!

禁漁月に入り、頭の中は川、川、川・・・でしたが、TSRユーザーで釣友のK古さんから、先週カメムシで大爆釣です!と連絡があり予定を変更して、初秋の八千穂レイクに行っちゃいました!
d0126708_2126880.jpg
8:00にいつものウェーディングエリアにKさんと入ると、調度投げ頃の30yd程でド派手なライズが・・・




ライズから進行方向の3m位左側にキャストすると、1投目から綺麗な大レインボーが口を使ってくれました。
d0126708_21361792.jpg
Kさんもカメムシフライでテンポ良くロッド曲げていて、M谷君が合流する1時間位で3匹づつランディングして、ちょっとセレクティブな奥のウェーディングエリアへと3人で移動しました。
着くと早速カメムシ君を発見!
d0126708_22124953.jpg
色はブラウン系でレッグはオレンジ・・・自分のはグリーンでレッグは黒で、しかも全然大きいのです・・・
それでもフライは違和感無く吸い込まれる様に湖面に消えていきます。
Kさんに至っては3投3匹と、どこがセレクティブなの・・・って感じです。
もちろんM君のロッドも曲がり続けて、完全無欠レインボーに大喜び!
d0126708_22292184.jpg
3人共午前中で十分満足な釣果に、お昼を食べてキノコ探しに山中に・・・
d0126708_22375439.jpg
2時間位見付け回って、昨年と同じジコボウとアミタケがちょこっとだけ採れて、午後は
15:00から釣り再開開始です。
陽が傾き始めて湖面が徐々に騒がしくなり始めたと思ったら

小型のカディス・・・?のハッチに一面のライズが!
即効でブラックカディスの14#に替えて、大きそうなライズに向けてキャストすると、着水と同時にフライに飛び付いて来ます。
d0126708_23244626.jpg
フライのドレッシングする時間も惜しく、そもまま投げて反応がなく回収でリトリーブすると追いかけて派手に飛び出して来て、一時お祭り状態に!
中にはバッキングラインまで引き出した飛び跳ね、フックを伸ばしてバレてしまったり、
リトリーブ中の唐突な当りにティペットが切れたりと、ランディング出来ないレインボーも
相当数・・・
即フライを付け替えて再キャストすると
d0126708_23335285.jpg
直ぐにこんな大きくて綺麗なレインボーが釣れちゃうんだから、誘ってくれたKさんに感謝×2なのです!
八千穂レイクは決して数釣りの出来る場所ではないのですが、両手が棒になる程の爆釣劇は昨年の解禁日以来かな・・・
このまま日没まで釣れ続けて、大満足で納竿となりました。
PS
八千穂は朝が10度以下、日中でも15度程で水温も14度位と相当寒くなってるので、それなりの防寒対策が必要です。
タックルデータ
ロッド   TSR DSPCG1267
リール   TSRスペイA
ライン   ウルトラ4ショートヘッド8#改 
リーダー   3X12ft+4X6ft  
フライ    グリーンカメムシ10#  カディス14#   
[PR]
by ffwizek | 2009-09-14 23:59 | スペイ釣行記