つっちーのフライフィッシング釣行記

山渓イワナ釣行!

約2年振りとなる山渓でリハビリの成果を試しにM谷君と行って来ました。
d0126708_16473829.jpg
今回はサポートパンツに沢登り用シューズ、ロングゲーターの夏らしいスタイルで山渓の釣りを満喫・・・!?



なぁ~んて目論んで前日から準備はしてたのですが、何とシューズを忘れて・・・
結局はウェーダーにウェーディングシューズで、暑くきつい山渓を歩く事になると思いましたが、意外に水温は低く逆に正解だった様です!

入渓してタックルの準備をしていると目の前でライズし、先ずは14#のアントパターンで
アプローチするとゆっくり浮いて来て見切る・・・おやおや・・・!?
小型のビートルパターンをキャストすると派手に出るもフッキングはしなかったのですが、次のポイントではライズを仕留めて一安心!

ゆっくり時間を掛けて釣り上がって、太陽がしっかりと渓を照らすと
d0126708_1732746.jpg
浮きイワナが確認出来る様になり、いよいよ楽しい夏の釣りが出来そうな感じに!


思うポイントでは空振ったものの、白泡の後ろでユラユラと浮いているのを発見!
即!いつもの10#のカディスパターンでアプローチしてイワナの鼻っ面にいくと、如何やらフライにスレてる様でチラ見して一目散に逃げ潜ってしまったのです・・・
しかしながら見る限り尺はありそうだし、ここまでライズを獲ったイワナが20cm位だったので、一旦腰を据えてまた浮き上がるのを待っていると、さっきのよりはちょっと小いさく見えるイワナが浮いて来てくれて、16#のアントを送り込むと違和感無く吸い込む様にフライを咥えてくれたのです。
d0126708_17231394.jpg
尺には一歩届かなっかたけど、この渓らしいイワナをランディング!

先に上がってたM君に追い付いたポイントは一昨年いいイワナを見付けて、M君が再三キャストするも上手くいかずに逃げられて・・・
d0126708_17353638.jpg
今年は見事に一投で口を使わせて
d0126708_17355162.jpg
ピッタリ尺のいいイワナでリベンジ出来たのです!

その後もイワナが釣れるには釣れたのですが、小振りなイワナばかりで、しかもフライを小さくしないと口を使ってはくれないのです・・・
一昨年来た時には10#フライは当たり前で、数釣りは出来ないものの釣れれば尺に絡む大イワナばかりだったのですが・・・

お昼食って歩を進めてると、ようやく小ポイントの開きで定位しているイワナを見付けて
ビートルをキャストすると
d0126708_1750328.jpg
d0126708_1751229.jpg
ちょっとスキニーながら大きい尾びれが印象的な27cmのイワナをランディング出来て、
ちょっと早かったのですが納竿としたのです。
昨年は実家で一匹しかイワナは釣ってなかったのですが、今年はそこそこ歩ける様になったって事でイワナ狙いの山渓を楽しみたいと思います。

PS
久し振りに良く投げ良く歩った一日で、夕飯後で何と体重が2kダウン!
お腹周りに気になるそこのあなたに!あなた!
山渓を釣り歩くのはお勧めですぞ・・・ぷ

タックルデータ
ロッド   TSR SH4  8403
リール  TT-コラボJr
ライン   Jストリーム DT-3#
リーダー 5X9ft+6X5ft
フライ   テレストリアルパターン10~16#
[PR]
by ffwizek | 2011-07-20 05:48 | 釣行記