つっちーのフライフィッシング釣行記

つっちーIN道北4~番外編

猿払川で自分等が釣りをしたポイントは、海の満引きで水位や流れが変わってしまう位だったので、帰ったらタックルの手入れが必要です。
梱包の時にリールはあらあら水で流したのですが、帰ってからもう一度、ラインを外してしっかり水洗いをして、ランニングラインを布などで拭きながら外します。
d0126708_1963761.jpg

バッキングラインは海水が浸み込んでいるので、リールから外して水洗いして乾燥させます。
d0126708_1973564.jpg
d0126708_1975868.jpg

リールは水洗い後、水分を良く拭き取り、リールオイルを各部に注入しておきます。
d0126708_1984747.jpg
d0126708_19453445.jpg

10月の道北だったが、早朝5度、日中は23度と汗だくで釣りをしていたので、ウェーダーも内側を水洗いして乾かして、日陰の倉庫に乾燥保管。
d0126708_1945175.jpg
ここまでやったら完璧でしょう。


最後にC葉さんのホームページから

釣り人を魅了し続けるイトウ・・・
ロシアでは99%減という悲しい報告もあります。
北海道のイトウは大丈夫とはいい切れません・・・
イトウを釣り続ける以上、避けては通れないのがイトウの死・・・
イトウと言う魅力的な魚を釣り続ける為に釣り人に出来る事は・・・


つっちーIN道北完全完結です!
[PR]
by ffwizek | 2007-10-11 20:19 | スペイ釣行記