つっちーのフライフィッシング釣行記

ライン選択&八千穂釣行!

今月末に釣友6人と、月光川にサーモン釣りに行く事になって、初めて行くO野さん、K原田さんのライン選択と、ドデカいサーモンフライがキャスティング出来るか・・・?って事で、八千穂レイクに行って来ました。
標高1500mの八千穂高原では、紅葉も始まりましたが、見頃になるのは来週末頃かな・・・
d0126708_20104926.jpg
管理棟に入ると、可愛いウグイス?が迷い込んで、カメラを向けると、怯える様子も無くカメラ目線で、怒ってる・・・?
窓を開けてあげると、何も無かったかの様に飛び去って行きました。(写真をクリック)
d0126708_2321348.jpgd0126708_23214674.jpg
湖面では、朝方はユスリカのハッチに、昼近くにはメイフライとクロカワゲラのハッチに、ライズ!ライズ!ライズ!
d0126708_21275579.jpg
ライン選択とキャス練を午前中に切り上げ、お昼ご飯を食べて、午後からはフローティングラインのドライフライで釣り開始です。
しかもマッチザハッチに拘って、6Xティペットに15#のカワゲラパターンで、ライズリングの中へキャスト!
フライへの反応は良いのですが、すっぽ抜けばかりでフッキングしない!しない・・・
ようやくフッキングして、あまり引かなかったんで、大き目のウグイかと思ったら、尺上の♂ヤマメです。
d0126708_21335460.jpg
インレットでは婚姻色の入った、ヤマメやレインボーが見れたのに、このヤマメは産卵に参加しないのか、全く婚姻色はなく、食い気満々!来年はもっと大きくなって、また自分に釣れてねぇ~!
O野さん曰く、ミッヂ・・・・?14#のメイフライのパターンで、綺麗な50upのレインボーを、見事ランディング!
d0126708_21465926.jpg
ライズをじっくり観察していると、水中から、プカッ!っとメイフライのニンフが浮き上がると、ダンになる前のフローティングニンフ状態で、すかさずライズリングが広がるのです。
迷わず6,5Xのティペットを2ft程足して、18#のフローティングニンフを結び、時計回りの回遊と思い、ライズリングの右方向にキャストすると、フライが水中に消えて、軽く利き合わせすると、バッチリフッキング!
細ティペットだったので、リールのドラグはスルスル・・・アッ!っと言う間に40ydのラインが引き出されます。巻き取っては走られ、巻き取っては走られ、周りに迷惑を掛けながら、ようやくランディング出来たのは、50upの湖らしいレインボーです。
d0126708_21583730.jpg
ノーウェートのフェザントテールを、フローティングラインでスローリトリーブすれば、こんなに細いティペットじゃなくても釣れると思うけど、ライズを見ちゃうとドライフライで釣りたくなっちゃいますよねぇ~!
K原田さんはちょっと離れたポイントで、シンキングラインの釣りをしていて、いい釣りになったようですよ!
先週、ターンオーバーが終わってから、渋くになったものの、メチャクチャいいレインボーが釣れる様になったような気がします。
八千穂レイクも、今月いっぱいで冬季休業に入ってしまうので、ラストスパートです!
PS
次回は、#4位のシングルハンドを持ってって、ドミッヂで釣っちゃいますよぉ~!
タックルデータ
ロッド   TSR DSP1378  
リール   ループトラディショナル2W  
ライン  スカンジヘッド8#+Fティップ10ft  
リーダー 4X12ft+6X4ft+6,5X2ft   
フライ  フローティングニンフ18#  カワゲラ15#  ソラックスダン14#
[PR]
by ffwizek | 2008-10-12 06:28 | スペイ釣行記