つっちーのフライフィッシング釣行記

<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

請戸川サーモン釣行!

27日のPM8:00過ぎに請戸川に着いて、大雨と強風で車中泊を諦め、民宿に素泊まりし、翌朝は綺麗な朝焼けに恵まれたのだが、川は1メートル以上の増水と酷い濁りで、中止になると思ったが、満潮でこれから引くと言う事で、1時間遅れて釣りが出来る事となった。
d0126708_44874.jpg

待ち時間に釣り場上流のヤナを見に行くと、増水でヤナも溢れていて、サーモンが越えようとジャンプするシーンをタイミングよく見れました。
d0126708_0274498.jpg

AM8:00には予定通りにスタート!
強く重い流れに手こずりながら、フルキャストを繰り返して、サーモンからの反応を待った。
タイプ8でも川底は感じられずに、キールストリーマーの上に、タングステンウェートをタップリ付けて、ようやく想うところで底を感じる事が出来るようになって、数投目に今日、初めてのサーモンらしき反応を得られました。
d0126708_0283237.jpg

その後水位が低くなり、ウェーディングがしやすくなって、キャスティングもしやすくなったので、シューティングヘッドからシンクティップに替えて、フルキャスト!
シンクティップと言っても、2ティップのシンク部は9メートルで、早い流れでもしっかり底を探れるのだ。
底を感じながら、出来るだけゆっくりスイングさせているとラインが止まり、ラインで合わせて、魚とわかったと同時にロッドを立ててガッチリ合わせた。
ラインから首を振るのが伝わって、間違いなくサーモンだとわかった。
早く重い流れと、サーモンのファイトはリールからギィギィー!ラインを引き出して、手こずりながらも、そうとう楽しませてくれ、ネットランディング成功!
d0126708_029511.jpg

採寸の結果76センチの♀でした。
すぐに釣りを再開して、1時間後位に同じポイントでストライクしたが、遭えなくバレてしまいました。
12:00頃からは、また水位が上がり始めて、台風の吹き返しの向かい風も強くなり、シューティングヘッドに替え直して、振り倒しました。
d0126708_029365.jpg

結局、AM8:00からPM3:00まで、川から上がったのは、ロッド交換2回とトイレ1回の15分ほどで、ヘロヘロになりましたが、爽快な気分で納竿できました。


タックルデータ
ロッド   TSR DSP151011 15ft#10/11
      TSR DSP146910 14,6ft#9/10
リール  オービスCFO6
      オービススペイ10/11#
ライン   オービスダブルハンダー11#改
      STL12#タイプ2 30ft+タイプ6~8 15ft
リーダー 20lb9ft+16lb2ft
フライ   ルードボディーストリーマーキールサーモン
[PR]
by ffwizek | 2007-10-30 06:26 | スペイ釣行記

月光川サーモン釣行!

今年も月光川のサーモンフィッシングに参加でき、隆さん、スーさんとクボヤンの4人でスタートを、夜明け前より洗沢川と月光川の中州で賑やかに待ってました。
d0126708_20562727.jpg

6時にスタートし、何と隆さんが一投目からストライク!ばらしてしまったものの、二投目もストライクして、見事ランディング!
3人に背を向けて釣っていた自分にも、5分後位には50センチに満たない、♀のチャムサーモンをランディングでき、リリースしました。
月光川は♂は2匹キープまで、♀は速やかにリリースするレギュレーションになっているのだ。
フルフローティングのラインに、約18ft、20lb+16lbのリーダーシステムで、ややダウンクロスにキャストして、極力ナチュラルに送り込み、ゆっくりスイングさせてると、ガツン!と2度目のストライク!65センチの♀をランディングして、写真を撮ってリリース。
スーさんが自分の下流に入って数投で、ストライク!スーさんがファイト中に自分にもストライク!どうなってんのよ今年の月光川はぁー!
d0126708_20571068.jpgd0126708_2125327.jpg


その後、自分の上流に入ったクボヤンにも立て続けに3匹ランディングして、クボヤンとスーさん、隆さんと自分にダブルヒット!
まさにサーモンフィッシング祭り!d0126708_20575516.jpgd0126708_20583782.jpg



明けて2日目は、昨日の中州は土日が釣り禁止なので、F井君とH谷川君も加わって、最下流のフライフィッシング専用区間に入った。
朝、試そうと思っていた、隆さんからもらったピンクのフォームゾンカーを結び、ロールキャストして、リールからランニング出していると、ぷっかり浮いてるフライに、婚姻色の全然出ていない♀が激しく飛び出した。
早朝で曇っている為に光量が少なく、写真も撮らずにリリース。
d0126708_2103098.jpg

一匹釣れて、フォームゾンカーの浮力なくなったので、フライを替えて再スタートすると、2匹連続で♀が釣れましたが、明るくなって見ると、昨夜の雨の影響か、川は濁りが酷く入ってきて、全くサーモンからの反応はなくなってしまい、タイムリミットギリギリの11:30まで振り倒すも、遭えなく納竿。
昨日のお祭り状態は夢・・・・
d0126708_2114693.jpg


月光川では参加者にお昼ご飯がサービスされて、おいしく食べ、みんなと別れて請戸川へと移動しました。
d0126708_2138810.jpg

タックルデータ
ロッド   TSR DSP151011 15ft#10/11
リール  オービスCFO6
ライン   オービスダブルハンダ-11#
リーダー 20lb15ft+16lb3ft
フライ   ゾンカーサーモン4~2#
[PR]
by ffwizek | 2007-10-29 20:55 | スペイ釣行記

月光川&請戸川

今年も恒例の26,27日が月光川、28日が請戸川に、二泊三日のサーモンフィッシングに行って来ます。
昨年の月光川は遡上量も少なかったのですが、5バラシの1匹と淋しい釣果に終わって、一緒に行った仲間と自分の釣れたパターンを活かして、ラインシステムをフルフローティングと、シンクティップのインターミディーの2種類で、フライもノーウェイトとフリーフックをメインに、なるべく軽いフライを用意しました。
d0126708_20581756.jpg

月光川は遅い流れを、モヤモヤユラユラ送り込んでると、いきなりゴツン!とチャムサーモンがひったくって行くのが、堪らないんだよねぇ~!
d0126708_21172338.jpg


請戸川は真逆で、対岸のわりと早く重い流れを、ガッツリ沈めていい釣りが出来たので、昨年同様にキールタイプのストリーマーを巻き溜めて、ラインシステムも2シンクティップで、タイプ1+タイプ4~タイプ8までと、シューティングのタイプ2ベースに、先端15ftチェンジャブルのタイプ6~T14を用意しました。
d0126708_21153776.jpg

さて今年はどうなる事でしょうか?
明日の夜には出掛けて、翌日は寝ずに釣る事になると思うので、今夜は早寝をして備えることにします。
[PR]
by ffwizek | 2007-10-24 21:36 | 雑記

荒雄川フライフィッシングスクール!

先週末の二日間、宮城県の荒雄川に、師匠杉坂隆久さんのスクールのお手伝いに行って来ました。
今回の生徒さんはリピーターの方も含めて6名で、今回はマッチザハッチからサイト、ルースニングにウェットと何でもあり!のスクールで、自分はウェットを中心にお手伝いをさせてもらい、さすが荒雄川!初めてのウェットの方もバッチリ釣れました。
d0126708_21214273.jpg

このレインボーは神奈川県から初参加のM井さんが、堰堤下の荒瀬でライズをしていた50UPレインボーで、ノーネームウェットで掛けたのだが、走るは跳ぶはで、3Xのティペットでは心配になるような過激君でした。
d0126708_21224220.jpg

3時からはフリーフィッシングとなり、合い間をぬって自分のラインテストを、プライベートで遊びに来ていた、釣友の宮城のH谷川君と、自分と同じラインを持って来ていたM井さんで、シングルハンドスペイのキャス練です。
ラインはマイロッドと相性も完璧で、H谷川君はさすがのキャスティング、M井さんは初めてのスペイとは思えないほど、いいループでシュートしてました。
d0126708_2124466.jpgd0126708_21231961.jpg


イブニングでも皆さん釣る事が出来て、初日のスクールが終了!
夜は恒例ペンションオンザロックの超豪華な夕食と、隆さんの釣遊伝に時間が経つのを忘れる位の大盛り上がりで、楽しい時が過せました。
d0126708_21243468.jpg


翌朝は5時集合でしたが、強風注意報が出てて、早朝の釣りは諦めましたが、日中は何とか釣りになり、生徒さん全員が釣れて、PM3:30分に無事!荒雄川フライフィッシングスクールは終了しました。
皆さん、お疲れ様でした。
d0126708_21292783.jpg


荒雄川は11月末まで、C&R区間で川の釣りが楽しめ、今回はヒレピンピンの40~50センチのレインボーが数多く釣れて、今では荒雄川生まれのレインボーも居るようで、スクールでも10~15センチ位のも釣れてました。
荒雄川C&Rに関わっていられる方々の、努力の賜物だと思います。
荒雄川の情報は、リンクしてあるペンションonーtheーrockにアクセスしたら、オンタイム状況が良くわかるので、是非出掛けてみて下さい!
いい思い出が出来ると思います。


タックルデータ
ロッド   TSR SHW4 9,8ft#5/6
      TSR SH2 8,9ft#4
リール  ループ1,5W
      オービスCFO3
ライン   ループオプティストリームWF6#
      マスタリーJストリームWF4#
リーダー 2X9ft+3X2ft
      6X9ft+7X3ft+8X2ft
フライ  マーチブラウン14#、ディープセッジ12#、ノーネームウェット6#~12#
      シロハラカゲロウスペント18#、フローティングニンフ18#etc・・・
[PR]
by ffwizek | 2007-10-22 21:20 | 釣行記

いざ!荒雄川へ

夕方、荒雄川フライフィッシングスクールの主催の、ペンションOnTheRookオーナーの後藤氏に電話をして、川の状況を確認すると、ミジカオフタバカゲロウなどのカゲロウ系と、小型のカディスのハッチがあり、午前をメインにライズもあるとの事なので、ミッジ、ドライ&ウェットを巻きたして、準備万端といきたいのですが、ニンフがない!
d0126708_2046866.jpgd0126708_20461979.jpg


明日は仕事に出て、そのまま一緒に行くメンバーを迎えに行って、北へ約6時間、現地で仮眠をする予定なので・・・
仕方ない!これから巻きます・・・
[PR]
by ffwizek | 2007-10-18 20:27 | 雑記

NEWライン!

6月、屈斜路湖で釣りをしていると、隣のワンドにシングルハンドスペイで、メッチャクチャにロングキャストしてる人がいて、ついつい声を掛けると、自分もお世話になっているティムコの方々で、ラインを聞いたので、帰って早速!注文を入れたのですが、品なしでようやく手に入りました。
ループオプテイストリームWF-6!
d0126708_18591368.jpg


これをTSR・SHW4・9,8ft#5/6に組んで、週末、宮城県の荒雄川に師匠杉坂隆久さんのスクールに持ち込んで、試して来ちゃいます。
荒雄川では、マッチザハッチからウェットまで、この時期でも川のフライフィッシングが楽しめ、夜は隆さんの釣遊伝で大盛り上がりのスクールです。
まだ参加メンバーに、ちょっと空きがあるそうなので、お暇のある方はこのブログにリンクしてある、杉坂隆久officaiwebsiteで確認、申し込みを考えてみて下さい!
楽しく川のフライフィッシングを、ご一緒しましょう。
[PR]
by ffwizek | 2007-10-16 19:27 | 雑記

本栖湖スペイディスタンス大会

前夜の15ft用ライン作りが祟り、大寝坊してしまい、現着した時には既に大会は始まってました。
たまたま自分の順番が9番だったので、ギリギリ間に合いましたが、ラインはマイデータの一夜漬けだったのでかなり心配でしたが、これが中々で、やや重目だったけど、ほぼ無風で48メートルの最長距離と、自分的には納得出来る記録でした。
1710ft用は北海道で振り試したので、自信があったのだが、台の上に上がると不思議なもので、ガチャガチャ!50メートルと淋しい結果に終わりました。
d0126708_23565182.jpgd0126708_23571175.jpg


いつもキャスティングやラインのアドバイスをくれる、CNDのNさんは上位入賞しました。
d0126708_22522891.jpg

ラインもほぼ決まってきたし、次の大会には自分も入賞出来るように、釣りもキャス練も頑張ります!

タックルデータ
ロッド   TSRDSP1710    17,10ft#12
       TSRDSP151011  15ft#10/11
リール   ループモデル4
       オービスCFO6
ライン   オービスダブルハンダー11#+SP改
リーダー -2X15ft
フライ   ヤーン
[PR]
by ffwizek | 2007-10-14 22:36 | キャスティング

ぶっつけ本番・・・

明日は本栖湖で、JCA主催のスペイディスタンスの大会なのですが、北海道から帰って仕事が忙しかったので、全く!練習出来てないのです・・・
何とか1710ft用のラインは出来たので、かっこうは付くと思うのだけど・・・???
問題は15ft用で、頭の中のラインを組んだだけで、一度も試してない。
こうなったら早起きして、本栖湖でラインを切った貼ったして、振り倒すしかないねッ!
エキスパートの面々のキャスティングを間近で見れますし、各メーカーのブースも出ますので、みなさん是非!遊びに来て下さい。
[PR]
by ffwizek | 2007-10-13 19:03 | 雑記

つっちーIN道北4~番外編

猿払川で自分等が釣りをしたポイントは、海の満引きで水位や流れが変わってしまう位だったので、帰ったらタックルの手入れが必要です。
梱包の時にリールはあらあら水で流したのですが、帰ってからもう一度、ラインを外してしっかり水洗いをして、ランニングラインを布などで拭きながら外します。
d0126708_1963761.jpg

バッキングラインは海水が浸み込んでいるので、リールから外して水洗いして乾燥させます。
d0126708_1973564.jpg
d0126708_1975868.jpg

リールは水洗い後、水分を良く拭き取り、リールオイルを各部に注入しておきます。
d0126708_1984747.jpg
d0126708_19453445.jpg

10月の道北だったが、早朝5度、日中は23度と汗だくで釣りをしていたので、ウェーダーも内側を水洗いして乾かして、日陰の倉庫に乾燥保管。
d0126708_1945175.jpg
ここまでやったら完璧でしょう。


最後にC葉さんのホームページから

釣り人を魅了し続けるイトウ・・・
ロシアでは99%減という悲しい報告もあります。
北海道のイトウは大丈夫とはいい切れません・・・
イトウを釣り続ける以上、避けては通れないのがイトウの死・・・
イトウと言う魅力的な魚を釣り続ける為に釣り人に出来る事は・・・


つっちーIN道北完全完結です!
[PR]
by ffwizek | 2007-10-11 20:19 | スペイ釣行記

つっちーIN道北3~完結編

8日は最終日で、10時10分の飛行機に間に合うように、C葉さんに段取りをしてもらって、AM2:30起床、天塩川のポイントに4:30到着。
天塩川は一週間前までの長雨で、増水と少し濁りの残る状態!
その上、着くと同時に真上からバケツをひっくり返したような大雨で、カメラもポケットから出せない状態。
それでもC葉さんの、上がりましょう!の声の掛かるまで振り倒しましたが、誰にも魚からの反応は無かった。
この状態でも諦めないで釣り続ける俺等って、本当に釣りバカです・・・
d0126708_22334927.jpg

今回の道北釣行はイトウを釣りたくて、自分とすーさん、山ちゃんで6月末から計画して、端っからC葉さんにガイドをお願いし、フライなどのアドバイスをもらったりして、準備万端にして望んだ。
C葉さんにお願いしたのは大正解で、見事に3人が憧れのイトウに出会う事ができ、大満足の結果を得られた。
d0126708_22343579.jpg
d0126708_22351427.jpgd0126708_2235231.jpg


自分は何と言っても82センチのイトウに出会えた事は、自分の釣り歴の中でも、これからもデッカイ!トロフィーになるのは間違いない!d0126708_22394062.jpgd0126708_2240354.jpg

この82センチのイトウは、C葉さんから「つっちーさん対岸のブレイクを狙って!」とアドバイスをもらって、タイプ2からタイプ6に替え、フルキャストして上手く狙い通りにフライが入った結果なのだ。
d0126708_22492261.jpg

おそらく初めての猿払川に3人で行っても、ビギナーズラックはあったかも知れないが、6匹の釣果は残せなかっただろうし、13センチのフライも用意出来るはずが無い。
現に7日は見渡す限り、自分達の他に20人位の釣り人が居たが、見る限りでは3匹位しか確認出来なかったのだ。
自分のこのブログにリンクしてあるWildLifeが、C葉さんのホームページなので、イトウ釣りに限らず道北の釣りを考えるなら、是非アクセスしてみてください。
自分も次回は天塩川一本勝負で計画してて、C葉さんに相談中です。

タックルデータ
ロッド   TSRDSP151011 15ft#10/11
       TSRDOH1612 16ft#12
リール  オービスCFO6
      オービススペイ 11/12#
ライン   オービスダブルハンダー11#改2マルチティップ10#15ft+15ftタイプ1~タイプ8
      3MSTL11#タイプ1+9#シンクティップ15ftタイプ1~タイプ8
リーダー -2X9ft+14pd2ft
フライ   カシミアゴートストリーマー13センチ
       ゾンカーストリーマー13センチ
d0126708_23212596.jpg

~~~『つっちーIN道北~番外編』に続く~~~
[PR]
by ffwizek | 2007-10-10 23:27 | スペイ釣行記